■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2019年07月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

鮮烈デビュー!店長激烈一押しブランド『H1 Resort Wear」ついに日本上陸!!


今日更新したページはこちらになります!
http://www.waku2.com/shop/page/h1/001.htm




アロハシャツ H1004




今日はいつも以上に力んでいます!力入ってます!
店長激烈一押しブランドのデビューですから!!!!


まずはぜひこのブランドの解説文を読んでください!
http://www.waku2.com/shop/page/size/size-h1.html


・・・・とリンクを貼ってもほとんどの人が飛んでくれないでしょうから、ここにコピペしてお送りします(笑)


長文ですが、それほどこのブランドには思い入れがあるという事、僕の夢も乗せてのデビューだという事が分かっていただければ幸いです!


では行きます!!!!!!!!!!
ここから下「ブこのランドの解説文」のコピーです!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジェイ・ブラッドと名乗る男がふとつぶやいた。
「俺は言わばハワイアンな魂を持つラルフローレンを作りたいんだ」と・・・・
それを聞いた瞬間に僕は「日本での専売契約書」にサインすることを決意しながら、
少し生ぬるくなってしまったグラスのビールをあおった。


バーのテラスの向こうのハワイの海と空は薄い赤紫に染まり、
その神々しいまでの美しさは僕たちの契約を祝福しているようだった。


たった12枚だけのアロハシャツに全資金をつぎ込み、ラフでヨレヨレのTシャツ姿で現れた白人の若者は、まさにハワイのローカルサーファー達によくいるそれの風貌だった。


そんな男を頭から信じるワケにはいかなかった。
どうせ陽気に明るくまずはサーフィンの世間話からスタートするんだろ?
そう思っていた僕の予想は大きくハズレていた。


丁寧な挨拶をするや否や、次々とアロハシャツをビニールバックから取り出し一枚一枚に込めた思いを熱弁し繰り返す彼の姿には僕は無意味な好感を覚えていた。


あらかたの商品説明が終わると、彼は僕を海外沿いのバーに誘った。
商品説明を聞いている僕の態度や話から、何か通じるものを感じてそうしたのだろうと思った。

お互いに好感を持つ者同士がビールグラスを持ち乾杯をすることはそう難しい事ではない。
いや、むしろ自然な行為だ。


そしてお互いにホロ酔い気分になってきた頃つぶやいたのが冒頭の彼の一言だ。


僕が日本でアロハシャツ屋を開いて軌道に乗ってきた頃に夢見ていた事を、ジェイ・ブラッドは一字一句異なることなくつぶやいたのだ。
「俺は言わばハワイアンな魂を持つラルフローレンを作りたいんだ」と・・・・


アロハシャツだけでは表現できない「ハワイの何か」。
アロハシャツだけでは味わえない「南国のリゾート地で着てリラックス感を持てるリゾートウェア」。
アロハシャツだけでは一年中乗り切ることができない国や地域への「ハワイからのメッセージと魂がこもった秋冬用のトータルアパレル」。


僕はアロハシャツ一筋に生きてきたし、アロハシャツ屋を開店してから22年間(2019年現在)の間、まごうことなくアロハシャツだけに集中し活動を続けてきた。


そこには自負もあるし、それが間違っていたとは思わない、これからも命尽きるまでこの道を進んでいくだけの人生も悪くない。


だけど、アロハシャツだけでは「表現できない」「味わえない」「乗り切れない」物は残念だけど存在するのだ。


そこを超越して、でも「シッカリとした」・「アロハシャツを中心とした」・「ハイレベルな」・【ハワイアンなトータルアパレルブランド】を作り、世界に発信する・・・・
・・・・そんな存在を作ってみたいと若い頃から心の片隅に、でもそれは片隅であっても強くシッカリと思っていたのも事実だ。


しかし、もうそろそろ年齢的に「そんな大きな野望は捨てるかな」と思ってさえいた。

だが、そんな野望を持った…全く同じ野望を持った青年が初老とも言えるこの歳になって目の前に現れたのだ。


僕と同じ考えを一字一句異なることなくつぶやき、そしてその考えは「行先」も「基礎コンセプト」もまるで僕の脳みそをコピーでもしたかのように、表現する青年が現れたのだ。


そして恐らく全財産を投じて作りあげたのであろう処女作のアロハ12種類。
想像するに300枚もないであろう総枚数の処女作のアロハシャツ。

そこを原点にして、スタートとして野望へ向かおうとしている若者に僕は年甲斐もなく熱くなってしまった。
いや「肩入れしてしまった」と言った方がイイのかもしれない。


全財産を生産につぎ込んでしまったお陰で彼はWEBサイトさえ作り維持する費用すらないのが現状だ(2019年現在)


とにかくさぁ…「必ずその夢実現しろよ!」「俺も全面的に応援するよ!」「こんな初老の男でもいいなら共同経営者にさえなってもイイ!」


そう思いながら、僕は【H1 Resort Wear】と彼が名付けたブランドの「日本専売契約書」に心を込めてサインをした。


「H1」はハワイ好きならば誰でも知っている「ハワイの大動脈瘤」的な存在のハイウェイだ。ハワイの象徴の一つだ。
「Resort Wear」にはアロハシャツは当たり前だが、リゾートでも着れるリラックス感のある洋服全般(トータルアパレル)の意味が込められたいる。


「ネーミングセンスも悪くないな」と僕は思った。


そしてタグにはカメハメハ大王のシルエットを象ったロゴがあしらわれてあった。

「このロゴだけでも商品になるだろうな」僕はまた肩入れ気味に思った。
というよりも、僕が過去にポロシャツ用などにデザインしたカメハメハ大王のロゴと酷似していた。


神様は俺の脳みそをもう一つ作ったのか?とまたしても思ったぐらいだ。


とにかく、今はアロハシャツだけでスタートした新参ブランドです!(2019年現在)

もちろんこれからもアロハシャツはこのブランドの中心として作られていくワケだし、
そのアロハシャツの作りは、ハワイの名だたる一流ブランドのそれとほぼ同等。
一歩も引けを取る部分がないし、柄もクラシカル~モダンまでハイセンスで個性的!

さらに目指す目標は「ハワイアンなトータルアパレルブランド」!


「青田買い」じゃないけど、できるだけ早く気付いてあげて下さい!
ジェイ・ブラッドという若者が目指している高みを!そのハイレベルな目標を!

世界的なブランドとなった時、あなたはきっと「俺はいち早く見つけたんだ」「俺が育てたようなモンだ」と自慢にもなります。


僕もそうなりたくて「日本専売契約」を正式に公式に結びました。


念のため言っておきますが【日本でH1 Resort Wearが買えるのはWAKU・WAKUだけです】!(2019年現在)


小資本スタートなので、ハワイでも売られている所はあまり多くないでしょうけど、
僕は予言します!このブランドは絶対キマス!!本場ハワイでもブレイクします!!!
もしもハワイでブレイクしなかったら僕が買い占めて日本で、いや世界中のどこかでブレイクさせてやります!!!!


彼が語った思いの全てはここでは書き切れないけど、それぐらいジェイ・ブラッドの志は高く、真摯で、実直で、ハワイアンスピリッツにあふれています!


『顔写真の公開はNG』と言う、アメリカ人には珍しいぐらい静かで控えめで真面目な男だけど、
その野望の高さと、このブランドにかける熱い魂は僕が保証します!
アロハシャツを着続けて40年、アロハシャツ一筋で22年間も店をやってきた男、この俺が保証させていただきます!!


静かなる炎をふつふつと燃やす若者が全てを投げ捨て賭けた「世界的ブランドへの道」と言う名の「夢」!
その「夢」をあなたも一枚買ってみませんか???


僕は買いました!!
思いっきり買いました!!!
これからも彼が発信するアロハシャツは全ツッパで買おうと思っています!!!!


国も人種も年齢も違うけど、同じ夢を持った若者に僕は賭けてみます。
アロハシャツを原点とし、世界的トータルアパレルブランドを目指すジェイ・ブラッドにBETします!!


もう一度言います。名も無き若者の「野望」と「夢」一枚だけでも買ってみませんか?
彼と一緒に「世界的リゾートウェアの創設」その道を踏み出してみませんか?


そうすればあなたがいくつであっても、熱い魂に火が付くと思います。
50歳をとうに過ぎた僕がそうでしたから・・・・


最後に詠み人知らずの名言を書き記しておきます。
【夢を見るのは自由だ。だがその夢を年齢が邪魔するのなら同じ夢を持った若者に投資しろ。そうすればお前の夢がかなったのと同じことになる。いくつになっても夢は叶えられるんだよ】


ジェイ・ブラッド・・・・
僕と出会ってくれてありがとう。
僕にコンタクトをくれてありがとう。
僕に日本での全てを任せてくれてありがとう。

お前の夢は俺の夢だ!
精一杯尽くさせて、、、いや俺たちアロハファンもお前と一緒にイイ夢を見させてもらうぜ。


そして契約の日にハワイで一緒に見たあの夕陽を俺は一生忘れない・・・・・



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


せっかくですから、このブランドのクオリティにも触れておきましょう!
以下、クオリティに関する開設です!!!!!!!!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



「新参ブランドだからそこそこの出来程度なんだろ?」と舐めてかかると痛い目にあいます。

作り的にはKAMEHAMEHAや、KAHALA、PARADISE FOUNDあたりの大御所と同等かもしくはそれ以上!

ダブルステッチの入れ方とか伝統的な「シッカリとしたアロハ作り」をキッチリと抑えたクオリティを持っています。


デザインはクラシカルな物もモダンな物もありますが、どれも独創的でオリジナリティが垣間見れます。


プリント制度も悪くありません。しかもオール・ハワイアン・メイド!

これねぇ、ここまで作り込まれた作品群にねぇ文句の付け所なんか一つもないよ!文句なしに星10個!!満点!!!

その上に創設者ジェイ・ブラッドの「夢」や「野望」要するに「魂」が込められてるんでしょ?
もうねぇ星12個とか異例なことやりたいぐらいのレベルです!もはや言うことはありません!!

しかもこれでアロハシャツも作り続けるけど、トータルアパレルブランドとして色んなウェアや小物類まで作ろうとしてるんだからさぁ…もはやタマリマセンの域ですよ!


買って損なし!言う事なし!以上!!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



いかがでしたでしょう?
お分りいただけましたでしょうか?
僕とジェイ・ブラッドという男の二つの「魂」と「夢」とこのブランドにかける思いを・・・・・



今日は以上です。
もう全てを語り尽くしましたから。。。。。


買うか?買わないか?はあなた次第ですが、ここでスルーして公開して泣くような事は無いようにお気をつけください。




ではでは、本日もたくさんのご来店とご注文。心よりお待ちしております!











最後までお読みいただきありがとございました!
心から感謝します!

アロハシャツの専門店WAKU・WAKU 店長 遠藤雅之がお届けしました!




■アロハシャツ屋のHPはこちら!
【アロハシャツの専門店WAKU・WAKU】  http://www.waku2.com/

■WAKU・WAKUの公式Facebookページはこちら!
【WAKU・WAKUの公式Facebookページ】  http://www.facebook.com/aloha0024

■WAKU・WAKUの公式Twitterはこちら!
【WAKU・WAKUの公式Twitterアカウント】  https://twitter.com/waku2_com

■メルマガはこちら!
【カメハメハ大王のケサ切りチョップ】  http://archive.mag2.com/0000006021/index.html



*このブログの内容はリンク、引用、拡散大歓迎!ご自由にです(*^-^)bその際できればこのブログか、ショップHPへのリンクを付けてくれると嬉しいです!








| http://www.waku2.com/cp-bin/blogn/index.php?e=327 |
| アロハシャツ屋からのお知らせ::2019年 | 06:04 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑